主なカテゴリ
  • ホーム HOME
  • デザイン DESIGN
  • 印刷 PRINT
  • 折込 ORIKOMI
  • 納品までの流れ FLOW

どんなエリア作成方法があるの?

消費者の動線に配布するのか、店舗を中心とするのか、各種データから配布先を選択して配布するのかを決めましょう。「お店中心3km」や「○○○駅中心5km」でという配布エリアをよく見かけますがレスポンスは集まっていますか?人の流れや住んでいる方の地域特性によってもレスポンスは大きく変わります。大切なことはしっかりとターゲットとなる消費者の動きや分布を考えて折込配布エリアを作ることです。繰り返すことでより良い折込が可能になります。

折込チラシ屋さんでご提案させて頂く代表的な折込配布エリアは下記の4つです。

  • 動線を意識した 折込配布エリア
  • 店舗中心の 折込配布エリア
  • 調査データを利用した 折込配布エリア
  • レスポンスデータを 利用した折込配布データ

消費者の動線に沿って配布

店舗までのアクセスの途中に大きな道路や川はありませんか?また、タテには動きにくいけれど、
横には公共交通を使ってすぐに行くことが出来るなどということはありませんか?

それだけでも消費者の動線と商圏は大きく変化します。

折込チラシ屋さんでは店舗周辺のエリアに配慮した折込配布エリアをご提案致します!

消費者の動線を意識し商圏に合わせたエリアに配布!

このページの先頭へ戻る

店舗中心に配布

店舗中心にした時に○㎞の同心円内に折込チラシを配布するという最も単純でわかり易いチラシ配布方法です。配布方法や新聞銘柄の選択の仕方によって折込エリアの広狭を調整する事が出来ます。折込チラシ屋さんではご予算と希望エリアにあわせた折込チラシの配布方法をご提案致します!

同じ枚数でも生活者へ届く範囲を調整する事が可能です!

このページの先頭へ戻る

国勢調査等のデータを利用した配布

折込広告は反響があって始めて意味のある広告です。そこで、折込エリアをあらかじめ国勢調査をはじめとする様々なデータからお客様の求めるターゲット層の比率が高い地域に絞って配布する方法です。折込チラシの無駄な配布を減らし、反響の向上とコスト削減を期待できます。

例)世帯年収1000万円以上世帯を比率化して折込エリアを作成

このページの先頭へ戻る

レスポンスデータを活用した配布

各地域にはそれぞれ特性があり、顧客が多く分布している地域には、既存顧客と似た属性を持つ家庭が多いと考えられます。そこで、お客様がお持ちの顧客リストを活用し、顧客が多く分布するエリアをセグメントして折込配布エリアを作成します。お客様専用の折込エリアであり、顧客動向・顧客分布が一目でわかります。

意外なところからお客様がいらっしゃっていることを発見できる場合もあります。

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ! 03-3314-1513

お問い合わせはこちら

株式会社ニューアド社はISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。

トップへ戻る

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ