主なカテゴリ
  • ホーム HOME
  • デザイン DESIGN
  • 印刷 PRINT
  • 折込 ORIKOMI
  • 納品までの流れ FLOW

データ入稿の仕方

データ入稿に関してはデータ形式などによる不具合、ミスを防ぐ為、細かな規定を設けさせて頂いております。データ入稿の前に、必ずお読みください。
また、印刷のご発注にあたっては、発注書をダウンロードの上、弊社担当まで郵送・FAX・メールのいずれかでお送り下さい。

データ入稿とは?

データ入稿とは

  • ・MOやCD,DVDなどのメディアを折込チラシ屋さんに送っていただく
  • ・Eメールにての入稿
  • ・宅ふぁいる便などのファイル転送サービスよりお送りいただく

上記の方法でそのまま印刷できる状態のデータを、折込みチラシ屋さんへお送りいただくことです。

入稿上の注意事項

入稿に当たっての各種注意事項になります。

対応OS環境

折込チラシ屋さんで対応しているOSは下記の通りです。

Mac OS 推奨
Windows Windowsで制作されたデータは、そのまま出力することができません。
折込チラシ屋さんの環境にあわせて再保存します。稀に印刷結果に違いがでる場合がございますので、なるべくMacOSでの制作をお勧めします。

このページの先頭へ戻る

入稿方法

入稿方法は以下の3通りございます。ご利用しやすいものをお選び下さい。入稿の際はチェックシートにて事前に入稿データをチェックした上で、発注書をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、当社担当宛にお送り下さい。

■郵送

下記の3点を、当社担当宛に宅配便などで送付してください。
データ(MO、CD、DVD)
最終データのカラーカンプ(プリントアウト)
発注書(PDF)※必要事項をもれなく記入したもの

発送先

〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1-11-1
株式会社ニューアド社 第5営業部 渡辺宛

■Eメール

メール入稿(10MBまで)
※Eメール入稿に関しての詳細は受注後説明いたします。
最終データのPDFを印刷見本としてお送りください。

■サーバーや宅ふぁいる便など

お客様の方でご都合のいいものを選び、入稿してください。
最終データのPDFを印刷見本としてお送りください。

  • 発注書のダウンロード
  • 入稿チェックシートの ダウンロード

こちらのデータをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。インストールされていない方は左下のボタンをクリックして、インストーラーをダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

このページの先頭へ戻る

対応アプリケーション

データ入稿時に対応しているアプリケーションは以下の通りです。データによっては対応できない場合もございますので、ご注意下さい。

Adobe
Illustrator
推奨 8.0.1J
対応 10J CS CS2

【注意事項】

■保存形式について

  • 保存はEPS形式でお願いします。(カラーの場合はEPSカラー)
  • 互換性は制作したバージョンにて保存をお願いします。

■貼り込み画像について

  • 画像は「配置」で貼り込んでください。「埋め込み」にはしないでください。
  • 貼り込み画像の保存は「EPS」形式でお願いします。( JPEG、GIFなどの出力には対応しておりません。)

■トンボについて

  • トンボはトリムマークを使用し、カラーの場合はトンボに色の設定をしてください。 (トンボは通常、スミ100ですが、C100・M100・Y100・K100とそれぞれに色付けをお願いします。)
  • トンボの外側に不要なオブジェクト等を残さないでください。

■フォントについて

  • 全てのフォントに対してアウトライン処理をお願いします。

■その他

  • 特色指定は別にアナウンスをお願いします。特色で印刷しないときは、CMYKに分解してください。
  • 孤立点は削除してください。出力時にエラーの原因となります。
  • 塗り足しがある時は3mm分仕上げより外に出してください。
  • 不要なレイヤーは削除し、オブジェクトのロックは解除してください。
  • 面塗りはクローズパスにしてください。線に面塗りはしないようお願いします。
  • 墨などのノセがある場合は、オーバープリントのチェックをしてください。
  • 墨以外にオーバープリントを設定しないでください。その時には原稿などに「ブラックオーバープリント処理済み」と明記してください。
Adobe
Photoshop
対応 CS2までのバージョン

【注意事項】

■解像度について

  • 画像解像度が72dpiや他の解像度(デジタルカメラデータ等)の画像は350dpiの高解像度にした画像を用意してください。

■レイヤーについて

  • レイヤーをすべて統合し、TIFFまたはEPSバイナリ形式で保存してください。
  • 統合する前(レイヤー状態)のデータを保存し、残しておいてください。

■画像モードについて

  • 画像モードを1色刷の場合はグレースケール、その他の場合はCMYKモードにしてください。
  • RGBカラーではご入稿しないでください。
  • 画像を圧縮している場合は注記してください。
Microsoft
Excel
Word
PowerPoint
対応 お問い合わせ下さい

【注意事項】

そのまま印刷することは出来ません。元々印刷用データ作成ソフトではない為、不具合が生じやすく不向きです。

折込チラシ屋さんではイラストレーターやフォトショップに組み替える作業を行っておりますので、一度ご相談ください。

※別途データ調節費が発生致します。

このページの先頭へ戻る

Microsoft Office ソフトで作成したデータの活用方法

Microsoft Officeソフトで作成されたデータの有効活用ができます。活用方法をメリット/デメリットごとにまとめました。お客様に適した方法をお選びください。

入稿方法 メリット デメリット
スキャンした
ものを入稿
  • ■デザイン・制作費がまったくかかりません。
  • ■データの代わりに、プリントアウトした紙を1枚入稿するだけですので、お手を煩わせません。
  • ■1枚の画像として処理するので、文字化け等のエラーを回避できます。
    ※写真光沢紙等、できるだけ発色の良い紙にプリントアウトしてください。
  • ■スキャンするため、通常のDTPデータからの出力に比べ、若干画質が劣ります。
データを支給
頂き、それを
基に制作
  • ■制作費はかかりますが、「一部データ支給」扱いになるので、最初からデザイン・制作をするよりは割安になります。
  • ■DTP出力に適したデータに作り直すので、印刷のクオリティが格段にあがります。
  • ■制作~校了の時間がかかります(B4両面で2~3日程度)。
  • ■校正のやりとりなどに時間がかかります。
フィルム入稿
  • ■DTP出力に適したデータに作り直すので、印刷のクオリティが格段にあがります。
  • ■Excel等からの出力用データへのコンバートは、すべて業者が行うのでお手を煩わせません。
  • ■フィルム出力費用が発生します。
  • ■時期によってはフィルム出力に時間がかかります。
色指定について
1色・2色・特色 プロセスカラーで制作し、それぞれの色見本をDIC等のカラーガイドでご指定ください。(金・銀・パール・蛍光色など一部使用できない特色があります。)
カラーの場合 画像の色指定は全てCMYKで制作してください。
(RGBはカラーは対応していません)

このページの先頭へ戻る

その他
  • ■ フォント
    全てのフォントに対してアウトライン処理をお願いします。 添付されても、出力いたしておりませんのでご了承ください。
  • ■出力見本には、必ず天地方向を指示してください。指示がない場合、ご意向と違う天地面付けになっていても、当社は責任をもちません。
  • ■MO・CD・FDなどのメディアは、ケースやエアパッキンなどで保護して発送してください。運送中のメディアの破損については、当社では責任をもちません。
  • ■お送りいただきましたメディアの返却はいたしておりません。返却ご希望の場合は、別途郵送料が必要となります。
  • ■著作権、肖像権の問題がおこる可能性がある原稿は、お客様ご自身が責任をとられ、当社は一切責任を負わないという念書をいただく場合があります。

このページの先頭へ戻る

制作サイズ

「輪転サイズ」は断裁位置と絵柄の間に余白があり、「正寸」サイズは断裁位置いっぱいまで印刷が可能です。袋断裁の仕上がりをご希望の場合は「輪転サイズ」、化粧断裁の仕上がりをご希望の場合は「正寸」で制作してください。
(但し、断裁位置いっぱいまで印刷する場合は天地左右に最低3mmの塗りたし処理をお願いします。)

B版 輪転サイズ 正寸 A版 正寸
用紙サイズ 絵柄サイズ
B5 190x270mm 174x254mm 182x257mm A5 148x210mm
B4 270x380mm 250x360mm 257x364mm A4 210x297mm
B3 380x540mm 360x520mm 364x515mm A3 297x420mm

このページの先頭へ戻る

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ! 03-3314-1513

お問い合わせはこちら