主なカテゴリ
  • ホーム HOME
  • デザイン DESIGN
  • 印刷 PRINT
  • 折込 ORIKOMI
  • 納品までの流れ FLOW

レスポンスデータを利用した配布方法

折込広告はレスポンスデータ(反響=人)が命です。特に健康食品や化粧品といった通販事業に従事されている場合はレスポンスデータを基にした効率的な折込チラシの配布が無駄の削減と費用対効果の向上に欠かせません。
もちろん、通販事業を展開されていない事業者様であっても、自社の商圏を明確にし、更に新規顧客を囲い込む上でのデータマイニングが非常に重要になります。
折込チラシ屋さんではレスポンスデータから最適な折込エリア・配布方法を導き出すノウハウをご提供させて頂いております。

レスポンスデータを折込の商圏に落としこみ、過去のエリアの検証、実施の提案

過去の折込エリアと、レスポンスデータ(反響)を活用して折込エリアを作ります。お客様専用の折込エリア、顧客動向が一目でわかります。

例)レスポンスのあったお客様の郵便番号データを地図上に表示して折込エリアを作成

他媒体でのレスポンスデータと折込広告でのデータを統合した提案

新聞折込以外の媒体で既に展開し顧客を保有している場合において、その所在住所をお借りし折込の地図に落とし込む事で、より精度の高い動向を掴むことができます。
例えば、全国規模で他媒体(TV・ラジオ・新聞・雑誌等)で展開した際の反響(人)を新聞折込の配布に役立たせます。
その地域各販売店ごとの潜在反響顧客の足掛かりとして他、統計データ(ターゲット女性比率や年収比等)と一つのテーブルで並べ比較検証することで、より反響の取れる可能性が高い地域を推定・実施に向けてのプランニングをしていくことができます。

例)テレビCMのレスポンスデータを利用して折込エリアを作成

このページの先頭へ戻る

データを蓄積し獲得比率の管理と比率を基にした配布プランの提案

新聞折込の反響(レスポンス)は当社の折込システム内に蓄積する事ができます。同一地域に数度一定の期間で折込を繰り返していくうちに、レスポンスの獲得比率の上下を管理する事で調子が悪くなった地域と・好調な地域の差を把握、調整をすることができます。
どこからのレスポンスが多いのかをシステムへ取込み、蓄積していくことにより多角的に分析し、より費用対効果の高い配布エリアへ改善をしていきます。

データを蓄積し獲得比率の管理と比率を基にした配布プランの提案

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ! 03-3314-1513

お問い合わせはこちら

株式会社ニューアド社はISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。

トップへ戻る

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ